2017年11月13日(月) 山梨百名山 王岳

山梨百名山 王岳の詳細とコースは、Webサイトよりご覧下さい

寒くなってきたので、今年の日本百名山はもうお終い。今回は王岳に登る。63座目の山梨百名山である。

10月に妹の旦那が亡くなり、飼っていた犬(ピンシャー)を引き取ったから、あまり長い時間家を空けるわけには行かないので、今回は根場からピストンで帰る計画にした。

横浜を6時前に出て、16号線を北上し、相模原ICから中央道には入る。談合坂SAにて朝食を摂ってから、河口湖ICへ降りる。西湖の西端にある根場の鬼ヶ岳登山口駐車場に車を駐めた。

青空の中岳、目の前に王岳が見えているので、ハイク日和になりそうだ。
根場

根場のいやしの里駐車場から王岳を目指し緩やかな林道を歩いて行くと、モミジの紅葉がキレイだ。
紅葉の中

西入川に沿って2つの堰堤を横切り、3つ目の堰堤まで来た。
堰堤

堰堤上では、ここでも真っ赤なモミジが出迎えてくれた。
紅葉がキレイだ

駐車場から45分林道を歩いてきたが、やっと王岳登山口が現れた。ここから登山道になる。
王岳登山口

登山道は、急登もなく緩やかな九十九折りの道を登る。
九十九折り

王岳山頂下では、笹藪が広がり急登が出てきたが、後には富士山が顔を見せていた。
笹藪と富士山

王岳山頂からは、富士山と西湖方面に展望があった。
王岳山頂

山頂では、先客が3名昼食を摂っている。
王岳

富士山を見ながらの昼食は、カップラーメンとコンビニのおにぎりでも美味しく食べさせてくれる。
良い天気の中、富士山を見ながら鍵掛峠からいやしの里コースに行きたいが、ワンコが待っているので、来た道を降りて帰る事にした。
昼食休憩
山梨百名山 王岳の詳細とコースは、Webサイトよりご覧下さい
スポンサーサイト

2017年11月5日(日) ちょこっとDIY ダイソー椅子を登山用椅子に改良

登山用の椅子は、軽くて良いのですが値段が高い割に使う頻度は限られるので、今日は、ダイソーの150円椅子を改良したいと思います。
150円椅子

重さは300gほどで耐荷重は50kgとなっています。幅が240mm、畳んだときの長さが310mmとなっています。
これを真ん中40㎜をカットしてコンパクトにします。
50kg

真ん中を20㎜づつ金鋸でカットして2つにします。
半分に切る

真ん中の継ぎ目は、12㎜の丸棒を120円で買って来ました。
丸棒

40㎜×4本を切ったパイプにゆるまない程度に削ります。
丸棒

上下4本に丸棒を差し込み繋げます。
丸棒でつなぐ

40㎜カットした椅子との大きさを比較しました。重さは20gほど少ない280gとあまり変わりは無いのですが、大分小さくなっています。この大きさだとザックに入れても邪魔にならずに、持ち運べます。
大きさ比較2

座面の布地は強度もあるのでカットしません。見た目は少したるんでいますが問題ありません。登山やテン場の食事時に座るだけなら大丈夫です。但し、大きなお尻ははみ出すので無理かもね!この椅子をカミさんのと2つ作りました。
大きさ比較3

2017年11月1日(水) 四万温泉から不二洞窟

昨日、榛名山に登った後、四万温泉にて一泊した。

地酒の店 中村屋という民宿です。夕食に大吟醸の地酒4点付いて10.120円で泊まって来ました。
お酒も美味しかったですし、料理も沢山出ていました。その後もビール等を飲んだのですが、酒屋の値段での精算だったので、案外安く飲むことが出来た。
中村屋


食事後に、温泉街を散策します。四万グランドホテルです。ここは四万温泉郷の中でも一番目立つホテルのようです。
四万温泉

紅葉と風情のある旅館は絵になりますね。
四万温泉
四万渡り廊下
四万滝

朝9時に四万温泉を出発して、下仁田の葱で有名な道の駅に寄りながら、不二洞窟まで来ました。入場料800円
不二洞窟

群馬県天然記念物で、関東最大級の鍾乳洞の不二洞
不二1

駐車場からは、坂道を登り洞窟の入口まで来てドアを開けると、更に坂道が続く、なかなか鍾乳洞までが遠い。これでは、年寄りの観光客は来ないと思う。
不二7

鍾乳洞までたどり着くが、さらなる登りのらせん階段が上に上にと続いていた。
不二3

確かに鍾乳洞の中は迫力があり、鍾乳石も立派だが800円はどうかと思う。やはり設備費に金がかかったのだろう。
不二6
不二5
不二4

駐車場から目の前にある上野スカイブリッジを渡る事にした。
スカイツリー3

立派な吊り橋でこれはお金が掛かっています。沢山の観光客を呼び込まなければ行けませんね。

この後は、関越道の本庄児玉から横浜に帰る事にした。
スカイツリー4

2017年10月31日(火) 岩櫃城趾から四万温泉

榛名山に登った後、四万温泉まで行く途中、目の前に見事な岩山が現れた。あの山は何という山かと思っていたら、岩櫃山という標識が見えてきた。

もしかしたら、上州真田氏の岩櫃城のある山ではないかと、みんなで話していたら岩櫃城跡の道標もあったので、ついでに寄ることにした。
岩櫃山

道標に沿って狭い道を登って行くと、大きな駐車場がありました。

大河ドラマ「真田丸」の頃は、大いに賑わいこの駐車場も満杯になっていたと思うが、ブームも去って静かな日常が戻っているようだ。
岩櫃山駐車場

案内板を右に見て、緩やかな道を真っ直ぐに歩いて行きます。
岩櫃掲示板

お土産物屋とトイレの先には岩櫃山登山口の道標があります。
岩櫃山登山口

真っ直ぐ行くと岩櫃山方面を岩櫃城趾の看板に沿って左折します。
岩櫃山分岐

中城跡を右に見て、更に登って行きます。
岩櫃坂

二の丸跡からは展望があります。
二の丸跡

本丸跡の手前は階段となっていた。この階段を登ると本丸跡です。
本丸坂

この右側には東屋があり、一段高い所が本丸跡でした。
本丸5

昨年の大河ドラマ「真田丸」でも有名な真田一族の拠点、岩櫃城本丸跡。
本丸3
本丸4
由来

本丸下に延びる長大な堅堀。幅も広く、規模も大きい。
堅堀

岩櫃城は、関ヶ原の頃、真田一族が支配していたが、徳川家康が天下を征した元和元年(1615年)一国一城令により、400余年の長い歴史を残し、その姿を消しました。
集合

岩櫃城趾を見た後は、四万温泉にてお泊まりです。
四万温泉

2017年10月31日(火) 日本二百名山 榛名山

榛名山登山の詳細とコースは、Webサイトからご覧下さい。

保土ヶ谷山歩会の秋の山行です。といっても最近は、年に1回ほどになっています。
横浜を5時出発。環状8号から関越道に乗って高坂SAにて朝食を摂り、榛名湖に向かいます。
榛名湖畔の髙﨑市営駐車場には8時45分頃到着した。掃部ヶ岳登山口に一番近い駐車場のようで、5~6台止められます。トイレもあります。
髙﨑市営駐車場

硯岩までのんびり登って20分。榛名湖が朝日に輝いており、榛名富士と見事に絵になっています。
榛名富士

硯岩は、絶壁となっていて、恐る恐る覗いています。
覗き2

良い写真が撮れそうです。
榛名富士写真

硯岩から一旦下り、掃部ヶ岳への登りは長い階段となっていて、あえぎながら登る。
上り階段

長い登りの途中に、展望が開けて撮影スポットです。
榛名湖バック

掃部ヶ岳は、ゴツゴツした岩があり、あまり広くない山頂であった。
掃部ヶ岳山頂

今回は6名の山行だが、この中の1人が足が痛くて「登らない、車で待っている」と言っていたのだが、だましだまし登らして、当初予定の縦走を掃部ヶ岳から下山する短縮コースに変更することにした。
掃部ヶ岳

下山コースは、湖畔の宿公園への薮こぎコースです。それでも踏み跡が分かるので迷うことはなさそうです。
薮こぎ

湖畔の宿公園まで降りて来ました。後は駐車場までもどるだけです。
湖畔の宿公園

当初予定は、山の上にて昼食休憩でしたが、短縮コースにしたので、先ほど登った掃部ヶ岳が見える湖畔で昼食休憩にした。
榛名湖から掃部ヶ岳

東屋の脇には「榛名湖のふちのあやめに床几かな 」 高浜虚子の歌が刻まれていた。
榛名湖歌碑

歌碑の隣の東屋で、昼食休憩でした。
昼食

今日は、四万温泉に宿泊のため榛名湖から北上していると目の前に、岩櫃山の山容が見えてきたので、急遽、岩櫃城趾まで行く事にした。岩櫃城趾は続きで…
岩ビツ城趾
榛名山登山の詳細とコースは、Webサイトからご覧下さい。